カタヨリの記録

箇条書きで呟いたライブ・舞台・イベントの感想や、140字に収まらない趣味のことも書き連ねています。

カタヨリの記録

宝塚歌劇花組公演『雪華抄(せっかしょう)』『金色(こんじき)の砂漠』@1月31日

 

はじめに

 初・宝塚であります。
 宝塚といえば「『ベルサイユのばら』の様に華やかなドレスを着ている娘役」「背中に大層な羽根を背負って大階段を降りてくる男役」というイメージで、どの様な内容の作品を公演するのかサッパリ分からない状態での観劇です。


感想

舞台中央部分は回るし、舞台装置はヌルヌル動くし、次々せり上がってくるし、舞台転換は激しくて酔った

床下が気になる

 回転しながら舞台セットが出現する毎に衝撃を受けました。あまりにも滑らかに移動するもので、舞台を観ていて初めて酔いました。あれだけのセットをどの様に動かしているのか…天井&床下が気になりますねぇ。

「なぜ僕が語り部なのかって?」の台詞でバッドエンド物じゃん…と思ったら、メリーバッドエンドだった

 「いなくなる=バッドエンド」と受け取るのは浅はかですが、自身は「誰もがハッピーエンド」を求める傾向にある様です。DVDにて「ME&MY GIRL」を観たのですが、こちらの方が好みです。

ゴラーズ氏がひたすら良い人

 ゴラーズ氏はひたすら優しくて、のほほんとしており、なんだか憎めない人です。また、ビルマーヤ&ジャーは、コミュニケーションの取り方が他の2組と比べてとても穏やかです。この3人が揃うと「ふわふわした空気」が流れるので、劇中唯一の癒しになりました。もう少し「ふわふわした空気」を感じたかった…!


おわりに

 無性にポルノグラフィティの楽曲(ラテン系)を聴きたくなる作品でした。次は「ME&MY GIRL」の様なコメディを観劇したいです。
 「ベルサイユのばら」に限らず「ルパン三世」「るろうに剣心」等の漫画も舞台化しているので、こちらも観劇したいですね。

広告を非表示にする